東京 マンスリーマンションで頑張った6ヶ月

横浜市内にあるデパートに勤務しています。担当は家庭用品、雑貨売場です。ここにはもう数年働いているのですが、昨年、私にも異動の辞令がありました。東京都内にある店舗に半年間だけ行ってほしいというものでした。しかも畑違いの食品館の担当としてです。
 その半年間というのには意味がありました。半年後に食品館を閉館して、大規模な建て直しに入るのです。建物の老朽化と地区の再開発という事情を受けてのことでした。それで、閉店セールで忙しくなることもあり、最後の半年を人員増強して営業する、ということでした。
 閉店後には横浜の店にまた戻ってもらう、という話での辞令でした。当然従うしかないわけですが、問題なのは通勤をどうしようかということ。横浜と東京の店同士は1時間弱くらいで行けるのですが、私の家は湘南にあり、東京の店まで通うとなると2時間は超えてしまう。しかも、食品館は商品の納入や準備の関係で他の売場よりも朝が早いのです。
 そこで考えました。6ヶ月で戻るという前提なので、引っ越すとかえって手間になる。東京 マンスリーマンションに住めばいいのではないかと。1ヶ月契約なら半年更新すればいいのです。身の回り品など最低限必要な荷物だけを持って、私はそこへ移りました。
 そして店の最後の6ヶ月、仕事に打ち込むことができました。閉店セールという大きなイベントに参加できたことは大きな充実感を与えてくれました。今はまた元いた横浜に戻って頑張っています。