最近のナースコールの利便性

介護施設におけるナースコールは患者と介護士を結ぶ生命線のような物です。
患者に万一があれば患者は介護士を頼るためにナースコールを使用しますし、
常時全ての患者の介護に手を回せない介護士にとってもナースコールは必要不可欠です。
ナースコールによって患者の訴えを知ることが出来て迅速かつ適切な処置が行えるからです。
さらには介護士同士の連携にもナースコールは大活躍しますので介護施設になくてはならない設備の1つと言えます。
最近のナースコールは無線化されているので患者がどこにいてもたとえば入浴中やトイレにいる際に不調などを訴えてもすぐにナースコールに接続出来、
介護士側も誰が不調などを訴えているのかが直ぐに分かるので患者、介護士双方にとってとっても利便性が高くなっております。