住宅ローンなどの支払いが難しくなった場合に任意売却を行うことがあります。

競売に比べて任意売却のメリットとは何でしょうか。それは競売にかけて売却すると
いくらで売却されるかわからないし、一般的には市場価格の2~3割となってしまいます。
任意売却ならば、所有者と債権者の間に第3者の仲介者が入って、双方が納得いく形で
売却して貰えます。また、物件が不法占拠される心配もありませんし、
事前に物件の情報も見れますしね。

住宅ローンや借入金の返済ができなくなった場合に債務者と債権者の間に仲介する人間が入り
所有者と債権者、買主の納得いく価格設定で、競売にかけず不動産の売却を成立させることがあります。それを「任意売却」といい、色々なメリットがあります。
まず1つ目のメリットは、競売にかけない為、所有者も債権者も納得できる形で
売りさばけるという点です。競売にかけると市場価格より2、3割低い価格となってしまうこともあります。2つ目は、不動産の内部の情報が確認できることです。