カジノでブラックジャックをする際のジェスチャー

カジノでブラックジャックを遊ぶ時、プレーヤーは言葉を発さずにボディージェスチャーで遊びます。
声を出すことが禁止されているわけでも、カジノでのマナー違反でもないので実際に声で指示を出してもいいのですが覚えているとカッコいいのがカジノプレーヤーです。
今回はブラックジャックの基本的なルールは省かせてもらいます。
まず、2枚目以降のカードをディーラーに要求することを「ヒット」と言います。
ブラックジャックテーブルに座っているプレーヤーの右端から順番にディーラーが3枚目のカードがいるか確認してきます。
「いりますか?
」と言う雰囲気で伏せたカードを一枚近づけてきます。
ヒットしたい場合は人差し指と中指の二本で軽くトントンとゲームテーブルをディーラーにわかりやすいように叩きます。
これがヒットの合図です。
また、3枚目のカードが不要な時は手をテーブルに対して平行にしてシュッシュと二回、空を切るようなジェスチャーを行います。
これが不要な時、「ステイ」の合図です。
ブラックジャックは基本、このヒットとステイの二つの動作でプレーすることができます。
この2つのジェスチャーを覚えて、クールなブラックジャックプレーヤーの仲間入りをしてみてはいかがでしょうか。