繰り上げ返済でキャッシングの実質的な金利を下げる

一般的に消費者金融のキャッシングは銀行系キャッシングと比べて金利が高めに設定されています。
これは、銀行系キャッシングの場合には審査基準が厳しめであることや、資金力が豊富な銀行が経営母体となっていることが理由です。
しかし、実は上手に活用することで消費者金融の実質的に金利を下げることも可能です。
その1つの方法は繰り上げ返済です。
消費者金融の金利は日割り計算となっています。
つまり、利息は毎日積み上がっていきます。
しかし、逆に考えればお金に余裕がある時に一日でも早く返済をすれば、その分支払う利息は減ることになります。
繰り上げ返済が特に有効なのが、リボ払いで返済をしている人です。
リボ払いは借入残高が増えても毎月的額のミニマムペイメントを支払うだけで済みますから、返済計画を立てやすい返済方法です。
ただし、短所として返済期間が長期化しやすいため、その結果として支払う利息の合計金額が多くなってしまいます。
そのような場合、繰り上げ返済を積極的に行うことで支払う利息をかなり減らすことができます。
キャッシングで失敗しない方法