ドライアイには早めの対処を

最近、ドライアイという言葉をよく耳にします。
目の乾きのみならず、ゴロゴロするような不快感やかすむなど見えにくい症状もある病気です。
原因としてはパソコンでの長時間作業やエアコンによる乾燥、コンタクトレンズの使用が云われていますが、その他にも加齢やストレスなどさまざまな要因があります。
体質だと誤解している人もいるようですが、まぎれもなく疾患だという事をまず認識する必要がありますね。
一般にはあまり知られていませんが、ドライアイを発症すると目の表面にデコボコが現れます。
人の目は粘膜の上を涙が覆って守られていますが、デコボコがあると目に入った光が歪んでしまい視力に支障をきたすのです。
目の表面を均一に潤すことができればドライアイは改善されるわけですね。
これまで目薬を中心に治療が行われてきましたが、なかなか症状の改善が進まないのが現状でした。
しかし最近になって状況は大きく変化しています。
目薬の飛躍的な進歩によって、涙の成分であるムチンの分泌を促したり粘膜に働きかける点眼薬が登場したのです。
涙の成分に近い目薬も活用されるようになってきました。
大事なのは気になる症状が現れたら早めに対処することです。
まずは最寄りの眼科で相談してみませんか。
ドライアイ・目の乾きや痛み・ゴロゴロ感はデコボコアイが原因 | 大塚製薬